田舎に住んでいる私は決まったものが欲しい時は
だいたいインターネットで商品を購入します。
都会ならいろいろなショッピングモールや
お店で探せるのでしょうが
田舎は決まった店舗しかないので
なかなか欲しいものに出会えないからです。

そんなわけで時々インターネットで洋服も買います。
でも洋服はなかなか難しいですね。
この前も「バイカラーのシャツが欲しい」と思い
実店舗で探すのは大変そうなので
ネットで購入したのですが、
画面上では素敵に見えても実際届いた品を見ると
縫製が雑で、色味も思っていたものと少し違いました。
生地も思っていたよりも薄くて結局着ないまま。
これがパンツになってくると
お尻の大きい私は気に入ったものがあっても
入るか心配なので買えません。

インターネットショッピングは便利なのですけど
いい買い物をするのは結構難しいです。ネットで買い物をするならレイクのキャッシングで無利息期間を利用して購入をするとお得!

借り入れが申し込めない人

今や誰でも気軽に利用できるようになった借り入れですが、申し込んだ人全てが審査に通って融資が受けられるわけではありません。

貸金業者は融資に積極的だといわれていますが、れっきとした商売ですので必ず相手を審査してから契約となります。

一般的に仕事を持っていて成人であれば誰でも申し込めるようなイメージがありますが、具体的にはどのような人が借入を申し込むことができず、断られてしまうのでしょうか。

まず第一に多重債務者、通称ブラックと呼ばれる人です。

現在は法律で年収の3分の1以上借り入れできないように定められていますので、既にこれを上回る借金をしている人は借り入れを申し込むことができません。

厳密に言えば申し込むことはできますが当然ながら審査は通らず、「多重債務をしているにも関わらず借り入れを申し込んできている人物」としてマークされるはめになってしまうのです。

審査が通らない状態で借り入れの申し込みばかり繰り返していると「申し込みブラック」の各印を押され、ますます借入が難しくなってしまうのです。

また借り入れしている額が少なくても3社、4社とさまざまなところで借り入れしている場合も同様ですので注意しましょう。

次に年齢ですが、一般的に借り入れの条件として20歳から69歳と定めているところが多く、成人であっても70歳以降の借り入れは申し込むことができません。

まれに今年20歳になるからと19歳で申し込むケースがありますが、申し込み日に満20歳であることが条件ですので、誕生日まで待ってから申し込むのがルールです。

この年齢制限は会社によって異なり、60歳や65歳などで設定しているところもありますので申し込む前に確認するようにしましょう。また年齢と同様に大切なのが収入であり、毎月の安定した収入がなければ申し込むことができません。

借り入れは定期的に返済することが前提で行われますので、もうすぐお金が入る、家計のお金があるなどの理由では認められないことが多く、あくまでも申込者個人の定期的な収入が重視されることを覚えておきましょう。

では条件をクリアしてる人でどうすれば、審査にスムーズに通れるでしょうか?